テーマ:育て方

挿し芽

クラッスラやコチレドンなど、茎のある種類は挿し芽が良いです。 成長点のある枝を切り取った後、切り口が乾くまで放置、 ‥‥さらに根が出るまで放置? さすがにそこまで放置すると忘れて仕舞います。 適度な所で乾いた用土に挿します。 やっぱり忘れるくらいの頃に根が出ています。 ダメになる枝もあるので、少し余分に挿します。
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

頂芽挿しの後

エケベリア属の交配種「紅輝炎」。 てっぺんを挿し芽用に切り取った後の姿です。 幹立ちする種は、この方法が確実に増やせて簡単です。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

葉挿し

「ブロンズ姫」の葉挿し。三本くらいで丁度いいかな? 葉挿しといっても多肉は置くだけですから、カンタン。 葉を丁寧に外してやれば高確率ですね。 グラプトは成績良いです。 「ハムシー」の花を正面から撮りましたよ。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

多肉植物の水やり

◇水やり便利グッズ ペットボトルの口にキャップの替わりにねじ込むだけ。 一鉢ずつ手に取って、観察しながら水やりするには最適。 スリムで場所をとらないので、室内で使うときにも重宝します。 ◇小苗はしおれやすい 購入した株ではなく、自分の手で増やした苗は、 一人前に見えても、まだ充分な力を蓄えていないようです。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

多肉植物の土

ウチで使ってるのは、市販の多肉植物用の土(写真左側)に、 市販の川砂(写真右側)を混ぜて使ってます。 最初に買ったのが未だ半分以上余ってまして。 保管していている間に袋がボロボロなって別の袋に入れ替えました。 たしか、炭の粉が入ってるのが特長だとか。高くもなく、安くもなくだったかな。 この土が軽くて、そのまま使うと…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

多肉植物の鉢皿

前の記事の補足のような内容で、2.5号鉢限定です。 インスタントコーヒーのビンのフタです。(割と有名なメーカー品です) このフタの内側にある円盤状のパッキンを取ると、 2.5号の硬質ポリポットの鉢受け皿にピッタリなんです。 しかも、鉢を持っても皿は落ちずに付いてくるんで、 移動がとても簡単なんです。 また、転倒防止に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多肉植物の鉢

ウチで使ってるのは、この二種類。(写真は3号鉢ですが、2.5号が多いです) 素焼き鉢はたまたま手元にストックしてあったもので、 汚れやすくて、割れやすいという欠点を持ちますが、風合いが好きです。 焼き物としてはやわらかく、手に持ったときのザラリとした感触が、 滑らないという安心感にもなります。 ポリのポットは化粧鉢…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more