「明日紅」開花 2013

3節ほどの挿し芽から4年。初の開花、うれしいです。

画像

名前から紅い花かと思って居たが、薄い黄色、径2.5センチ位。

画像

夕方には花弁が閉じて筒状に。
翌日から雨の日が続き、閉じたまま。
3日後の晴天も、力尽きたか、開かず。
6/18開花、6/26花おわる。

多肉植物「春の花」

たまたま春にウチで咲いてた多肉の花を紹介。

「ハオルチア」の花茎がひょろひょろとうねって、
おなじみの白い小さな花がいくつか。

画像

--3月30日撮影

「不死鳥」はずいぶんと生長しないと花を付けないんですね。
毎年挿し芽で更新してたから、咲いた事が無かったです。
今回、2年間伸ばし続けて、ようやく開花。

画像

--4月7日撮影

花モノ「カランコエ」は1月から咲き始め、今も咲いてます。
半年以上も咲き続けるのは、さすが鉢花として改良された園芸種です。

画像

--4月11日撮影

「ベビーサンローズ」は見切り品のポット苗から、
平鉢に植え替えたら、すぐに復活。

画像

--4月29日撮影

「リビングストンデージー」、最初は沢山の花を付けて、良かったんだけど。
今、不調、花も蕾も無く、葉色も良くない。立ち直りに期待してます。

画像

--5月3日撮影

この「マツバボタン」は大輪。
花数は少なめですが、とにかく大きくて見事。

画像

--5月20日撮影

「花キリン」、ウチでは冬季に落葉。
どうも生長がよくないです。

画像

--5月25日撮影

「紅輝炎」の花は可愛くて、お気に入り。
何故か、増殖に失敗してばかり、
野良猫にひっくり返されたり、不覚にも水遣り忘れたり。

画像

--6月3日撮影

「春」は新入りの季節なので

「リビングストン・デージー」
「紅波璃」というなかなか綺麗な園芸名。

画像


ラベル無し。「フォーカリア・四海波?」

画像


ラベル無し。「ハオルチア・白羊宮?」

画像


ラベル無し。「アロエ・?」白トゲ、白星。

画像


ラベル無し。「アロエ・?」赤トゲ。

画像


「チレコドン・ブッコルジアヌス」

画像


「ベビーサンローズ」、30円。

画像

ツメレンゲ開花

採集モノの「ツメレンゲ」がようやく開花しました。
当地では自然状態なら12月にほぼ満開になるようです。

画像

実はこの株、秋に「オンシツコナジラミ」が発生し、
隔離の為に、置き場所を変えました。
その所為で生育が遅れたのかなあ?(薬もかけたしなぁ)

画像

この写真では見えませんが、赤い葯の中には黄色の花粉が詰まっています。
咲き始めの方が(しなびた花弁などが映り込まなくて)写真が綺麗なので。。。

害虫の感染源は隣に置いてた「モロキニエンシス」。
かなりの重症で、成長点が白い綿のような塊で埋もれて居ました。
(いまだに根絶できず。薬品を替えてやっつけます。)

採集モノ

画像

コンクリート舗装の隙き間に、大きな群落を作って居ました。
えーと、多分「マンネングサ」の仲間です。
「メキシコマンネングサ」でしょうか?

切り口を乾かしてから、植えるつもりで置いていたら、忘れて仕舞って、、、
すでに発根して居ます。。。たくましいです。

2010始動

花物カランコエが咲き始めました。
春から挿し芽で3鉢育てて居ました。

画像

普通の草花を育てるように、水も肥料もあげます。
途中で切り戻しを1回、枝数を増やします。
(2回切り戻した方が背丈を低く、花いっぱいに出来るかも。)

「清涼刀」の花。

画像

この後、寒さで大ダメージ。
どうも、セネシオ属とは相性悪いです。

採集モノの「ツメレンゲ」ですが、ちょっと開花が遅れてます。

画像

このまま開かないかも、来季に期待します。

「リボンカクタス」を百均で購入。

画像

ペディランサスの一種でしょう。
遠い昔に「十二の巻」と一緒に買った記憶が、、、
ちょっと懐かしくて。。。

珠々姫

小さくて可愛かったので、手に持ったら放せなくなりました。
2月に購入したときは、花は白で葉もキレイな緑色でした。(下の写真)
ひと夏、ガンガンに太陽を浴びて、すっかり様変わり。
最近はあまり好きでは無いんです。
これから紅葉すれば、また違う感じで楽しめるかも?

画像

挿し芽で更新して、冬の室内で育てたら、
復た、以前のような綺麗な“姫”に成るでしょうか。

画像

クラッスラ「珠々姫」(Crassula rupestris x perforata)