テーマ:エケベリア

成長期は楽しいね

この写真は4月5日。 「紅輝炎」の下葉が落ちて見苦しいので、頭は挿し芽に、こちらはその残り。 たくさん芽が出てきたけど、二つだけ残しました。 一月半経ちました、今の姿。 花が開いたようです。 ちょうどいい具合に、葉の向きが微妙な角度で趣き深いです。 花が綺麗で購入した「紅輝炎」ですが、幹立ちする姿を活かすと面…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

頂芽挿しの後

エケベリア属の交配種「紅輝炎」。 てっぺんを挿し芽用に切り取った後の姿です。 幹立ちする種は、この方法が確実に増やせて簡単です。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ハムシー開花

普通に育てていれば、よく開花します。 「ハムシー」は短長日性植物だそうです。 「オリベランサスの開花に関する研究」 (富田 広 埼玉園芸試験場研究報告 第15号 所収 1987年)が詳しいです。 一部を引用します。 「短日条件下で花芽を誘導‥‥長日に遭遇すると花芽を分化‥‥ 短日条件が続いた場合は側芽の茎頂は葉を分化する…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

多肉の観察記録('08年3月下旬)

暖かく春らしく、雨の日もありましたが天気の回復は早い、いい時季です。 鉢数を増やさないように、植替え作業を進めます。今回から、 小さな苗は平鉢に、他の種類と一緒にまとめ植え、うまく管理出来るかな? 生育不良なのか成長の遅い種なのか判らないけど、 素焼き鉢からプラ鉢に変えてみたり、逆も試してみます。 出来るなら、水遣りの…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

多肉の観察記録('08年2月下旬)

大荒れの天候でした。 雪の日、大雨の日、強風の日が続いたりしました。 気温は低めでも、陽射しがあればそこそこ暖かい。 春も近いようです。 外に置いていたアロエの「翡翠殿」はちょっとダメージをくらいました。 白くなった葉が数枚、全体的には大丈夫そうです。 室内ではセダムの「オカタイトゴメ」が成長盛んです。 雑草のよう…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

多肉の観察記録('08年1月中旬)

霜が降りた朝もあり、寒い日が多かった。 戸外組は、葉と葉の間に潜り込んでいたムシを一匹追い出した。 室内組は、枯れ葉などを取り除いた。 水遣りは週一回ペース。 動きの無さそうな多肉には、どの程度の水遣りが良いのだろうか? ウチの多肉さん達は完全休眠ではないですから、水は必要と思います。 雨はあたりませんから、忘れて仕舞う…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

良かった

ホームセンターで買った「青雲の舞」、子株が白くて心配していました。 1週間経って、緑色になって来ました。 いや、良かった!(左が親株、右が子株) E.ハムシーの花茎が妙な方向に伸びて、バランス悪くならないか心配していました。 窓際で観察していますが、花茎も明るい光の方に伸びて行くようですので、 コントロール出来そうです。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

エケベリアとマツバギクの写真を追加しますよ

品種のハッキリしないエケベリアを鉢に挿す。 この葉色は茶色の鉢が似合いそう。 (おそらく、E.glauca か E.secunda ) あまり美しい写真ではないが、 路上採取したマツバギクの全体像。 大きさは大人の手を広げたくらい。 (多分、Delosperma cooperi )
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

天気も良いので総点検だ

ムシ発見、硬くて動きが早く飛ぶムシです。 葉の付け根に潜んでいたのを3匹追い出し。 太陽光線でクモの糸がよく目立つ。 軽く掃除したけど、またスグに張るだろう。 また少し、紅葉がすすんだなあ。 光が弱まってきたせいかな、緑色がキレイになったのもあるな。 まあ、目立った成長はなし。 花茎が伸びてきた「E.ハムシー」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

七福神か?エケベリアには違いない!

また、名前のはっきりしない株を出して来ましたよ。 エケさんに詳しい方、鑑定よろしくお願いします。 けっして難しい種類ではないです。 家にとても古くからあるので、判る人が見たら、もうズバリって感じの種類ですよ! 下葉の落ちた茎がウネウネと長くなってましたので、 頭だけパッスリと仕立て直しです。 室内なら冬でも結構成長し…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

エケベリア・アロンソイ?だよね

蛍光灯を買いに立ち寄ったホームセンターにて、衝動買い。 言い訳1.こんな所にいては、枯れてしまう、救出だー。 言い訳2.この子はウチに来れば、とても大きくりっぱに育つ。 言い訳3.蛍光灯が安く買えたから、いいよねー。 ラベルは「珍花」。ほおー、中国系? 大型のエケベリアが前から欲しかったので、 「こいつは多分大きくな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

紅輝炎

クレナイにカガヤくホノオ、紅輝炎。 カッコいい名前です。お父さん? は、先に紹介した「ハムシー」ですが、 花は断然、紅輝炎の方がキレイです。 母方? 「セトーサ」の血筋でしょうか、赤味が強くて、花の形もグレースです。 葉っぱモノ記事が続いたので、ここらで花をと思い、 2007年5月の写真でした。 下は、今の様子。ちょ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ハムシー

ハムシー Echeveria harmsii えーと、現在の姿は「紅葉二品」で紹介しました。 写真は昨年の花、上が7月下旬、下が10月下旬に咲きました。 同じ花茎からです。盛夏はお休みしてたようです。 コレクションの第1号なので、大事に育てて行きたいです。 あまり気を使わなくても、丈夫な奴ですが、小まめに更新していかないと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more