オオベンケイソウ

2月に買った「ベンケイソウ」が、春から順調に生育し、
9月に開花しました。
葉と花の特徴から「オオベンケイソウ」の園芸品種のようです。

画像

葉の成長は早くて、安心していたけど、ツボミの出るのは遅かった。
8月の終わりか9月の初めくらいに確認できて、ひと安心。
「今年は咲かないのか?」と心配しました。

画像

9月の下旬に開花しました。
淡い緑の葉もキレイですが、花も美しいです。
花は約1ヵ月は楽しめます。

画像

オオベンケイソウ(大弁慶草)

モロキニエンシス

またも、「百均」で入手。
ラベルには「モロコンエンシス」となってましたが、
「モロキニエンシス」で良いでしょう。

画像

木質化した幹を見ると、
とても「ポーチュラカ」の仲間には見えませんが、
花はそれらしい黄色の小さいのが咲くようです。

画像

モロキニエンシス (Portulaca molokiniensis)

多肉植物の花いろいろ

まずは「大輪マツバボタン」

画像

本来の花は白とピンクのバイカラー、これは枝変わりで出た白一色の花。

アナカンプセロス「吹雪の松」の開花写真

画像

ホントに毎日観察して居ないと見逃して仕舞います。
ツボミを見つけたのが3月下旬、数は6ヶあったけど、
残り二つになってから、ようやくキャッチしました。

初めての「十字星」の花

画像

小さくて地味な色で、あまり観賞価値はありませんね。
ウチではお初でした。

復活しました「花キリン」

画像

冬に葉が全部落ちて、心配して居ました。
春から新芽と同時にツボミが出て、
今ではコンスタントに咲いています。

育てている訳ではなく、勝手に生えてます「タイトゴメ」の花。

画像

アナカンプセロス「吹雪の松」

画像

よく目立つピンク色です。
ラベル無しなので、「吹雪の松」という事にして居ます。

画像

綿毛がいちばんの特徴です。

画像

花は一日花で夜にはしぼむようです。
きちんと開いたところを未だ見ていません。

画像

こぼれ種でしょう、鉢内に居た小さな芽。
すでに謎の綿毛が見えます。
アナカンプセロス「吹雪の松」(Anacampseros rufescens)

マツバボタン

画像

マツバボタンやマツバギク、ポーチュラカの咲く季節に成りました。
タイトゴメも黄色の小さな花を至る所で咲かせて居ります。

ウチの「超巨大輪マツバボタン」(ラベル表記のまま)も、
白とピンクの二色咲きの花弁が、確かに巨大に咲き始めました。

ケータイのカメラで撮ったから、すごく大きく見えてます。
(レンズが広角なため、遠近感が強調されて、近くのモノがより大きく見えます。)
まあ、初めて見ると感動的なビッグサイズの花ではあります。

残念なのは、この株は去年は白花を咲かせて居たのに、、、
一冬越したら、元の二色の花弁に戻って仕舞いました。

「枝変わり」で得した気分で大事にキープして居たのに残念です。
今年も白花や桃花の枝変わりに期待しつつ、プランターいっぱいに育ててゆきます。

百均より軟ハオ2種

画像

約二年、ホームセンターと園芸店を月2ペースで見張って来ました。
たまにしか入荷しない種類は、すぐに売れて仕舞いますね。
「気になるけど、ちょっと帰って調べてから‥‥」と思って居ると、
次に見に行くと、まず無いですね。
想像以上に「多肉好き」は多いようです。
直近では「アロエ・ラウイー」を逃がしました。

100円ショップも値段の安さと、小さな苗を育てる楽しみがあって好きです。
以前は4店舗中3店で置いていたのが、今は1店舗のみに成って仕舞いました。
寂しいですが、チェックの為の定期訪問は楽になりました。
その1店が、最近、ミョーに充実して来ました。
ミニ観葉、ミニ多肉、ミニサボテンと4センチ程の小さな鉢ですが、
種類が豊富で、入れ替わりも早いです。

なんと、ハオルチアの「オブツーサ ?」と「ピリフェラ ?」、ゲットです!

画像

まさか、こんな所で出遭えるとは、、、感無量。。。

画像

いわゆる「“波平さん”タイプ」。嬉しいです!

'09 春の小ネタ集

「軟白アロエ・ベラ」

画像

いやぁー、うっかりしてました。
抜き苗状態で、物入れで冬越しさせていた「アロエ・ベラ」、
生長が始まってました。
伸びた部分は真っ白、重みで葉が一枚はがれました。
仕方無く、アンドンで支えて、どうにか鉢におさまりました。



「斑が消えたキリンソウ」

画像

斑入りだったのに、、、
この新芽はどう見ても、全部ミドリ。。。



「たくましい青鎖竜」

画像

スゴイ脇芽。別に芯止めした訳じゃないです。
勝手に枝を増やして、いいカタチになって行きます。



「ツメレンゲ第二段階」

画像

ロゼットが展開してきました。
さて? ここからどうやって、マツバギクのようなスティック状の葉に成って行くのか?
興味津々!